納豆の栄養とナットウキナーゼexについて

日本では、生活習慣病で悩む人が増えており、毎日の食事に気を付ける人が多くなっています。
生活習慣病で多いのが、高血圧症です。
成人の場合、高血圧症患者のほとんどが本態性性高血圧だと考えられています。
本態性高血圧は、肥満や遺伝、加齢、ストレス、運動不足など、様々な原因で引き起こされると考えられています。
ナットウキナーゼには、血栓を溶かしやすくする働きがあり、高血圧を予防する効果が期待できるのです。
高血圧の状態が続くと、手足のしびれや頭痛、めまい、息切れなど、様々な症状が現れてきます。
また、血管に無理な力がかかり、血管壁がもろくなって動脈硬化の原因になることもあります。
納豆を摂取することにより、ナットウキナーゼの働きで、高血圧を防ぐことが可能です。
高血圧を防ぐことができれば、高血圧が原因で引き起こされる様々な病気も予防できることになります。
ナットウキナーゼには、コレステロールを下げる働きもあります。
コレステロールが増えると、動脈硬化や脳梗塞、心筋梗塞、脂質異常症などの病気の原因にもなります。
ですから、コレステロールを増やさないように、注意することが大事なのです。
納豆菌培養エキスに加えて、EPAとDHAも配合したのが、ナットウキナーゼexです。
ナットウキナーゼexは、栄養補助食品で、2粒で市販の納豆2パック分くらいのナットウキナーゼが含まれています。
保存料や香料、着色料は無添加なので、安心して利用できます。
青魚
納豆キナーゼ徹底解析ガイド|納豆キナーゼを効果的に摂取する方法はこちら