銀行のキャッシングの審査は甘い?

キャッシングを利用する際には必ず審査を受けなくてはならず、そこでは一定の基準をクリアしていないと融資してもらうことができなくなってしまいます。
現在こうしたサービスを提供している業者には消費者金融と銀行があるのですが、このうち銀行は金利が低く設定されていることもあってかなり人気が高くなっています。
しかし「銀行のキャッシングの審査は甘いのか」という疑問に対しては残念ながらそうではありません。
むしろ消費者金融よりも人気が高いということは、顧客を選ぶ余裕があるということに繋がります。
ですが無制限にお金を貸していてはいずれ経営が苦しくなるのは目に見えていますから、そこでは「より完済の可能性が高い相手だけを優先して融資する」といった行動が出てくることになります。
そのため銀行のキャッシングの審査は消費者金融と比べるとかなり厳しい条件で行われることになるのです。
と言っても正社員や公務員といった、職業としての安定性が高く収入に関しても一定以上のレベルが見込めるような人であればいきなり融資を断られることはありません。
またアルバイトやパートであっても、普段から預金を管理している口座があるということであれば、それを理由に融資してもらえることもあるでしょう。
ただ「全く使ったことの無い銀行に融資の申込をした」などのことになると信用も一からしっかりチェックされますから、その人の条件によってはかなり厳しい結果が出やすくなります。
もちろん利用できればそれに超したことはありませんが、申し込みの際にはそれなりに厳しい目でチェックされるということをしっかり理解したうえで申し込むようにしましょう。
総量規制対象外のカードローンはイイもの?はこちら