すぐ現金が入る会社は要注意

ブラックリストに載っている人や、多重債務者の人は、大手の消費者金融では借りられませんので、中小規模の会社を選ぶことになります。知名度の低い中小の貸金業者の中には、闇金のような違法業者も混じっていることがあるので要注意です。

大手消費者金融では、30分ほどのお金を借りる審査ですぐ借りられることがありますが、ブラックリストに載っている人など、信用が低い人は審査に時間がかかる傾向があります。申し込みをしたらすぐ現金が振り込まれたというようなケースでは、要注意です。

消費者金融では、申し込みフォームに「希望額10万円」などと記入をして申し込んでも、すぐ現金が振り込まれることはありません。審査に通過した後で、「10万円の融資が可能です」などと電話がかかってきて、最終的な意思確認があった後に、お金が振り込まれます。

意思確認もなしにすぐ現金が振り込まれるような業者は、怪しい業者である可能性が高いです。中には、10万円を希望していたのに20万円が振り込まれて、高額な利息を請求されたというような例もあります。

もしもそのような怪しい業者を利用しなければならなくなったら、債務整理を検討してみることがおすすめです。闇金に関わると人生をめちゃくちゃにされてしまうリスクもあるので、まだ債務整理をしたほうがマシでしょう。

すぐ現金が振り込まれて、怪しい業者だと感じたら、すぐに振り込まれたお金を返済してしまいましょう。その後、別の正規の業者で借りるなり、他の方法を検討するなりするのが正解です。お金を返済したのにしつこく付きまとわれたら、闇金に強い弁護士に相談をしましょう。